読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんかくかくめい

ひと、それぞれにとって感覚もひとそれぞれ。

登山13 瑞牆山 5月GW

f:id:marutsu1013:20150506090906j:plain

 

 

さて

 

 

もっぱら登山の話ばっかりになってきましたが

 

 

今年も登りますよ

 

 

今年もまたGWに山開きとなりました(自分の)

 

 

今回

 

 

どこに登ろうかと考えていたところ

 

 

気軽にいけて景色も抜群という

 

 

素晴らしい山をみつけたのでそこに行ってきました

 

 

その名は「瑞牆山

 

 

山梨県にある山になります

 

 

瑞牆山(みずがきやま)は山梨県北杜市(旧北巨摩郡須玉町)にある標高2,230mの山で、奥秩父の山域の主脈の一つ。旧須玉町域の最北部にあたる。日本百名山のひとつ。

 

*1

 

今回も百名山ですね

 

 

低山ですが今はまだ5月

 

 

雪も少し残っています

 

 

まずは登山ルートを確認

 

f:id:marutsu1013:20151124205909j:plain

今回は地図でいう左下の瑞牆山荘からスタートになります

 

 

瑞牆山荘までは車で行くことができます

 

 

今回はこの瑞牆山荘に前泊して瑞牆山にトライすることにしました

 

 

f:id:marutsu1013:20150505154636j:plain

f:id:marutsu1013:20150505155032j:plain

瑞牆山荘は

 

 

山荘というか

 

 

普通のお宿というイメージですね

 

 

f:id:marutsu1013:20150505151741j:plain

普通の山荘じゃありえない個室におふとんがどーん

 

 

立派な旅館ですね

f:id:marutsu1013:20150505173323j:plain

夕ご飯も魚とお肉という豪華さ

 

 

瑞牆山は日帰りでもいけるのですが

 

 

ちょっと旅行気分で一泊するのもいいと思います

 

 

ここからは瑞牆山以外にも金峰山にもアタックできるので

 

 

利用価値が高いかなと

 

 

まあ前置きはこの程度にして

 

 

さっそく登っていきたいと思います

 

 

f:id:marutsu1013:20150506061109j:plain

AM 6:00 瑞牆山荘を出発です

 

 

f:id:marutsu1013:20150506061827j:plain

登山の序盤の道は

 

 

うーん

 

 

特徴がなくてあまり楽しいみちではありません←

 

 

f:id:marutsu1013:20150506062203j:plain

少し登ると

 

 

周りの景色が見えてきて

 

 

今日は天気がいいから期待できるぞー

 

 

なんて思いながら

 

 

f:id:marutsu1013:20150506063437j:plain

目的地である瑞牆山の山頂がのぞみます

 

 

出発して40分ほど登ると

f:id:marutsu1013:20150506064751j:plain

AM 7:00 富士見平

 

富士見平にでます

 

 

 ここからは金峰山との分岐になります

 

 

もちろん瑞牆山方面を選択

f:id:marutsu1013:20150506071136j:plain

石の川沿いにのぼっていくと

 

 

今回のチェックポイントが訪れます

f:id:marutsu1013:20150506071320j:plain

どーん

 

 

そうそうれは巨大な岩

 

 

この岩ただ大きいだけじゃなくて

 

 

真ん中で真っ二つになっているのです

 

 

すごく神秘的ですね

 

 

f:id:marutsu1013:20150506101540j:plain

「はっはっは 人が小人のようだ」←

 

 

はい

 

 

巨大さが伝わればいいんです

 

 

さてこの名物岩を過ぎて

 

 

さらに上っていくと

 

 

もうひとつ

 

 

というかメインである

 

 

巨大な岩にたどり着きます

f:id:marutsu1013:20150506093509j:plain

どどーん

 

 

もうここはどっかのジャングルかってばりの

 

 

岩肌が目の前にきます

 

 

f:id:marutsu1013:20150506082311j:plain

通り過ぎてみるとこんなかんじ

 

 

これは「大ヤスリ岩」と呼ばれているみたいです

 

 

ここまでくれば頂上まであと少しでつきます

 

 

f:id:marutsu1013:20150506090906j:plain

AM 9:00 瑞牆山 山頂

 

 

となるわけです

 

 

先ほどの大ヤスリ岩は

f:id:marutsu1013:20150506090005j:plain

上から見るとこんな感じです

 

 

迫力ありますね

 

 

ただ瑞牆山

 

 

この名物岩もいいのですが

 

 

何がいいって

 

 

展望が最高なんです

 

f:id:marutsu1013:20150506083720j:plain

西には赤岳をのぞむ八ヶ岳連邦

 

 

 

f:id:marutsu1013:20150506085301j:plain

南には北岳をのぞむ南アルプス

 

 

f:id:marutsu1013:20150506084150j:plain

そして日本を代表する山 富士山

 

 

これが頂上で全部見えるんです

 

 

大パノラマですよ

 

 

大興奮ですよ←

 

 

こうゆう景色をみていると

 

 

やっぱり登山はやめられないな

 

 

ほんとそう思います

 

 

今回の瑞牆山は結構気軽に登れる山だったので

 

 

初心者にもおすすめです

 

 

なんたって展望がいいので

 

 

ぜひ天気のいい日にのぼってください

 

 

・・・

 

 

そりゃあたりまえか

 

 

では今回はせっかくなので

 

 

この名物岩の写真でおしまいにしたいと思います

f:id:marutsu1013:20150506084219j:plain

また、絶対くるよ!

 

 

登山12 木曽駒ヶ岳 宝剣岳 9月下旬(紅葉)

f:id:marutsu1013:20140923085610j:plain

 

 

さて季節は秋

 

 

秋といえばなんでしょうか

 

 

そう、紅葉ですね?←

 

 

いつも紅葉は山々を見上げてみるものですが

 

 

今回は紅葉を見降ろしちゃいます

 

 

山の上からの紅葉ってやばいと思いません?

 

 

はい

 

 

そこで今回えらんだのが「木曽駒ヶ岳」になります

 

 

では恒例ですがwikipedia先生によると

 

 

木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ)は長野県上松町・木曽町・宮田村の境界にそびえる標高2,956mの山で、木曽山脈中央アルプス)の最高峰。日本百名山新日本百名山、花の百名山に選定されている。木曾駒ヶ岳とも表記され、また略して木曽駒と呼ばれる事もある。

*1

 

 

今回、初の中央アルプスにチャレンジです

 

 

しかもしょっぱなから最高峰に登っちゃいます

 

 

そんなすごい山にいきなり行って大丈夫なのか

 

 

と思いでしょうが

 

 

木曽駒ヶ岳は非常に整っておりまして

 

 

頂上の近くまでロープウェーが通っているので

 

 

初心者でも安全に行くことができます

 

 

むしろ観光客でも頂上付近までいける観光名所です

 

 

それでもやはり3000㍍近い山なので、絶景は保証します

 

 

しかも紅葉ですよ

 

 

テンションあがりますね

 

 

さて長い話はこの辺にして

 

 

さっそくはじめていきましょう

 

f:id:marutsu1013:20090116115413j:plain

まずは千畳敷駅を目指します

 

f:id:marutsu1013:20140923074132j:plain

AM 7:40 ロープウェー行きバス停前

 

 

ロープウェー乗り場まではバスで行きます

 

 

近くに駐車場があるのでそこにとめてバスに乗ります

 

 

f:id:marutsu1013:20140923083625j:plain

AM 8:40 ロープウェー乗り場

 

 

このロープウェーにのって頂上付近にある「千畳敷カール」へ向かいます

 

 

千畳敷カールはかなり有名な観光地なので知ってる方も多いと思います

 

 

f:id:marutsu1013:20140923084316j:plain

ロープウェーから眼下に山々が広がります

 

 

そしてほんの10分足らずで

f:id:marutsu1013:20140923084715j:plain

AM 9:00 千畳敷

 

 

あっという間の2612㍍に到着です

 

 

 

ここはもうすでに高所なので

 

 

ここから見る景色はすでに絶景です

 

 

f:id:marutsu1013:20140923084857j:plain

見下ろすと向こうには南アルプス

 

 

そしてさらに美しいのは

 

 

ここから見上げる景色でした

f:id:marutsu1013:20140923085610j:plain

千畳敷カールの紅葉」

 

 

題しちゃいました←

 

 

どうですこの紅葉とド晴天のコントラスト

 

 

もうきれいの一言

 

 

でたりないでs

 

 

はい

 

 

f:id:marutsu1013:20140923085951j:plain

ロープウェーの頂上にある駒ヶ岳神社により

 

 

いざ頂上をめざします

f:id:marutsu1013:20140923090445j:plain

さあ、でっぱつです

 

 

f:id:marutsu1013:20140923090810j:plain

f:id:marutsu1013:20140923090911j:plain

こんな素晴らしい景色の中のぼっていくのは

 

 

なんとも気持ちがいいもんですね

 

f:id:marutsu1013:20140923091047j:plain

後ろを向けば絶景も見渡せて

 

 

これは楽しい登山になりそうです

 

f:id:marutsu1013:20140923091605j:plain

石畳をのぼっていきます

 

 

しばし登山の様子を

f:id:marutsu1013:20140923092626j:plain

f:id:marutsu1013:20140923093614j:plain

登山道は非常に整備されています

 

 

初心者でもハイキング感覚で行けますね

 

 

実際に今回も初参加者を連れています

 

f:id:marutsu1013:20140923093255j:plain

青空に映えるひこうき雲

 

 

f:id:marutsu1013:20140923092348j:plain

振り返るとロープウェーの駅があんなに遠くに

 

 

f:id:marutsu1013:20140923094438j:plain

もう少しで千畳敷カールを登り切ります

 

 

f:id:marutsu1013:20140923093719j:plain

最後は少し急に感じます

 

 

そして

f:id:marutsu1013:20140923100301j:plain

f:id:marutsu1013:20140923100708j:plain

AM 10:00

 

 

千畳敷カールを登り切りました

 

 

ここは木曽駒ヶ岳ではなく

 

 

「乗越浄土」という稜線です

 

 

宝剣山荘・天狗荘がありここから縦走などを楽しめます

 

 

目の前に見えるのは中岳で

 

 

その向こうに木曽駒ヶ岳があります

 

 

f:id:marutsu1013:20140923095117j:plain

ここからの景色からここがすごく高所なのがわかります

 

f:id:marutsu1013:20140923094701j:plain

千畳敷カールに向かって右手に宝剣岳

 

f:id:marutsu1013:20140923094345j:plain

左手には伊那前岳に続く稜線

 

 

それに加えて

f:id:marutsu1013:20140923100757j:plain

この日は雲がかっこよすぎました

 

 

f:id:marutsu1013:20140923101139j:plain

流れるような雲が青空に映えて

幻想的な写真となりました

特にこの雲はお気に入り

 

 

さて

 

 

ふつうなら中岳を通って木曽駒ヶ岳に向かうのですが

 

 

ちょっと登山気分を味わおうということで

 

 

中岳の迂回ルートを選択しました

 

 

f:id:marutsu1013:20140923101754j:plain

中岳の左にルートがあるのでそちらを選択

 

 

f:id:marutsu1013:20140923102450j:plain

ちょっとスリリングなルートですが

 

 

非日常をここで味わえます

f:id:marutsu1013:20140923102813j:plain

f:id:marutsu1013:20140923103057j:plain

f:id:marutsu1013:20140923102031j:plain

こういうルートは危険かもしれませんが

 

 

ゆっくりいけば初心者でも大丈夫です

 

 

迂回ルートをぬけて後ろを振り返ります

f:id:marutsu1013:20140923103313j:plain

真ん中が中岳のルート

右が自分らが選択した迂回ルートです

 

 

さあここまできたらあとは木曽駒ヶ岳登頂です

 

f:id:marutsu1013:20140923102931j:plain

f:id:marutsu1013:20140923103448j:plain

登りもなだらかなのでするする進めます

 

 

さあ

 

 

千畳敷駅からてくてく歩くこと3時間

f:id:marutsu1013:20140923121434j:plain

f:id:marutsu1013:20140923121437j:plain

AM 12:00 木曽駒ヶ岳 山頂

 

 

山頂もなだらかでスペースがあるので

 

 

ゆっくりするにはもってこいです

 

 

f:id:marutsu1013:20140923105025j:plain

これでまた百名山の一つを制覇です

 

 

では山頂から見える景色を 

f:id:marutsu1013:20140923105130j:plain

f:id:marutsu1013:20140923105134j:plain

f:id:marutsu1013:20140923112200j:plain

360°どこをみても絶景です

3枚目の遠くには富士山も見えますよ

 

 

今回は山頂で

 

 

ちょっとした料理もチャレンジ

f:id:marutsu1013:20140923112139j:plain

ポトフを作ってみました

 

 

ジャガイモはすこし硬かったですがそれも愛嬌

 

 

大自然の中では絶品に感じます

 

 

さて、

 

 

たらふく食べたあとは

 

 

乗越浄土へ戻ります

f:id:marutsu1013:20140923121052j:plain

中岳の向こう側に見える宝剣岳へ向かいます

 

 

f:id:marutsu1013:20140923124137j:plain

さあ宝剣岳が近づいてきました

 

 

剣岳のてっぺんは

 

 

実はちょっとしたイベントがありまして

 

 

頂上の出っ張ってる岩にのれるんです

 

 

 

 

よくわかんないですよね

 

 

とりあえずいってみましょう

 

 

f:id:marutsu1013:20140923125557j:plain

ザックは下においてピストンします

 

 

ここからは若干ロッククライミング入ります

f:id:marutsu1013:20140923125258j:plain

f:id:marutsu1013:20140923130014j:plain

f:id:marutsu1013:20140923130141j:plain

結構びびりますよ

 

 

そして宝剣岳の頂上がこちら

f:id:marutsu1013:20140923132045j:plain

そうです

 

 

この頂上の突き立った岩の上に立てるのです

 

 

その広さは人が一人やっと立てるくらい

 

 

なので順番に登ります

 

 

ただ

 

 

高所恐怖症の人はやめたほうがいいです

 

 

f:id:marutsu1013:20140923130442j:plain

こんなんなっちゃいます

 

 

横から見ると

f:id:marutsu1013:20140923132656j:plain

こんな感じ

 

 

みごとたつと

f:id:marutsu1013:20140923131419j:plain

いやっっっつふーーーーーーーー

 

 

ただ足元は

f:id:marutsu1013:20140923132025j:plain

こんなんですけどね

 

 

これはまじでちょっとびびりました

 

 

てか普通に怖かった

 

 

けどたのしかったですね←

 

f:id:marutsu1013:20140923135229j:plain

帰り道に振り返ると同じようにやってる人が見えますね

 

 

さてさて

 

 

今回の登山はこの2山を制覇して終わりを迎えます

 

 

このあとは千畳敷駅に戻って無事に下山しました

 

 

紅葉と快晴が重なってこれ以上ない登山日和でした

 

 

ところで

 

 

気づいた方もいらっしゃる方もいるかと思いますが

 

 

木曽駒ヶ岳からは御嶽山がすごくきれいに見ることができます

 

 

 

そう

 

 

実はこの5日後

 

 

御嶽山は噴火してしまうのです

 

 

このときは思ってもみませんでした

 

 

ただ

 

 

登山というのは大自然を相手にするスポーツなのだと

 

 

それを忘れるなというのを

 

 

改めて教えられたと思います

 

 

だからこそ危険を伴いますが

 

 

得られる達成感、絶景、満足感などの「かんかく」は

 

 

他に代えられないものなんでしょう

 

 

だからみんな山に登るんですね

 

 

「岳」を思い出した瞬間でした

 

 

さて

 

 

ちょっとシリアスでしたが

 

 

最後はかっこよく(?)終わりにしたいと思います

f:id:marutsu1013:20140923114719j:plain

「君が山に来たことを、忘れない」 by 「岳」

 

 

 

*1:wikiedia

登山11 奥穂高岳 前穂高岳 9月 3日目

 

f:id:marutsu1013:20140902052801j:plain

 

それではついにクライマックスの3日目です

 

 

昨日からちょうちょうちょう不安だった天気ですが

 

 

朝とともに

 

 

ついに回復しました

f:id:marutsu1013:20140902044905j:plain

3000㍍からみる雲海です

 

 

もう少しで日が昇ってきます

 

 

テラスでは宿泊客がそわそわ

f:id:marutsu1013:20140902045735j:plain

なんかパタゴニアのTシャツみたいな写真ですね

 

 

絵になります

 

 

自分は太陽まだが昇ってないこの瞬間がとても好きです

 

 

空が青くて水平線がオレンジのグラデーション

 

 

とても綺麗ですよね

 

 

そしてまちかねたご来光です

f:id:marutsu1013:20140902052115j:plain

5:20 ご来光

 

 

さて

 

 

こんないい天気になってしまったもんだから

 

 

朝からテンションあがりっぱなしです

f:id:marutsu1013:20140902052133j:plain

昨日は曇ってあまり見えなかった穂高山荘が顔を見せます

 

 

本来はこのまま

 

 

奥穂高岳にいこうかと思ったんですが

 

 

あまりにもいい天気だったので

 

 

調子に乗って

 

 

まず涸沢岳をピストンすることに

 

 

奥穂高岳とは逆側、北側の山に登ります

 

f:id:marutsu1013:20140902053217j:plain

北の斜面からみる穂高山荘と奥穂高岳です

 

 

穂高山荘から涸沢岳は15分ほどで着きます

f:id:marutsu1013:20140902054811j:plain

5:50 涸沢岳 頂上

 

 

涸沢岳の頂上は人が2,3人立つのがやっと位のスペースしかありません

 

 

それでも

 

 

涸沢岳の頂上からは

 

 

素晴らしい景色が見れます

f:id:marutsu1013:20140902054526j:plain

北穂高岳槍ヶ岳です

 

 

天高くのびる槍ヶ岳

 

 

かっこいいですね

 

 

さあ

 

 

そしてついに

 

 

奥穂高岳に挑戦です

f:id:marutsu1013:20140902052801j:plain

あの先にいきますよ

 

 

写真でもわかるように

 

 

かなーり急な斜面です

 

 

とういか崖ですね

 

 

f:id:marutsu1013:20140902064339j:plain

急斜面なのが伝わるでしょうか

 

 

ホントに一歩間違えば落ちちゃいますね

 

f:id:marutsu1013:20140902064831j:plain

振り返ると先ほどのぼった涸沢岳が見えます

 

 

f:id:marutsu1013:20140902070926j:plain

この断崖絶壁のヘリをつたっていくと

 

 

もう頂上です

f:id:marutsu1013:20140902071831j:plain

7:20 奥穂高岳 山頂

 

 

やりました

 

 

ついに

 

 

ついに標高日本第3位の山

 

 

登頂成功です

 

 

すがすがしいくらいの青空

 

 

そして絶景です

f:id:marutsu1013:20140902072404j:plain

そして

 

 

ここから見る景色の中で

 

 

もっとも迫力があるのがこちら

f:id:marutsu1013:20140902071406j:plain

f:id:marutsu1013:20140902072102j:plain

この垂直の絶壁

 

 

そうです

 

 

これが有名な「ジャンダルム」です

 

 

国内最難関の一般ルートと呼ばれています

 

 

写真ではなかなか伝わらないですが

 

 

間近でみてみると

 

 

その絶壁度が度を超えています

 

 

尾根をまたぎながら進むといった感じでしょうか

 

 

他の登山で練習して

 

 

いつかいってみたいですね

 

f:id:marutsu1013:20140902072738j:plain

さて頂上を満喫した後は前穂高岳へ縦走します

 

 

f:id:marutsu1013:20140902073913j:plain

尾根伝いに縦走していきます

 

 

f:id:marutsu1013:20140902074321j:plain

この尾根を歩くのですが

 

 

ほとんど尾根をまたぐような道になっているので

 

 

右足は上高地

 

 

左足は涸沢側

 

 

みたいな状況になります

 

 

わかりやすくすると

 

 

右をみると

f:id:marutsu1013:20140902082549j:plain

上高地

 

 

左をみると

f:id:marutsu1013:20140902074513j:plain

涸沢カール

 

 

という

 

 

すごい場所に来たもんだと思いましたよ←

 

 

これが有名な吊り尾根というところみたいです

 

f:id:marutsu1013:20140902074529j:plain

踏み外したらおしまいですね

 

 

f:id:marutsu1013:20140902100232j:plain

さて、ここからついに前穂高岳へチャレンジです

 

 

ここから前穂高岳へまでは

 

 

約20分なのですが

 

 

そのあいだはずっとロッククライミングみたいな状況なので

 

 

全然写真がありません

 

 

というか常に両手がふさがって撮れませんでした

 

 

それでもなんとか撮ったのがこちら

f:id:marutsu1013:20140902090018j:plain

急すぎて上が見えませんね

 

 

でも頑張って登るとですね

 

 

すばらしい景色が待っているのです

 

f:id:marutsu1013:20140902091817j:plain

9:20 前穂高岳 山頂

 

 

やりました

 

 

前穂高岳 登頂成功です

 

 

今日のぼった山々

 

 

そして穂高岳連峰

 

 

槍ヶ岳

 

 

全部見えます

f:id:marutsu1013:20140902092141j:plain

この絶景

 

 

写真に写っている尾根を渡ってきたと考えると

 

 

自分でもびっくりです

 

 

下りは少し余裕が出てきたので

 

 

写真を撮ることができました

f:id:marutsu1013:20140902095143j:plain

先ほど登ってきた道を頂上から見ます

 

 

下りおえて見上げるとこんな感じです

f:id:marutsu1013:20140902100444j:plain

今見てもすごい登山道です

 

 

さて

 

 

この2泊3日の登山もいよいよ終盤

 

 

あとは上高地まで降りることです

 

 

前穂高岳から重太郎新道を下っていきます

 

 

この重太郎新道も

 

 

なかなかの道でした

 

 

f:id:marutsu1013:20140902101244j:plain

鎖場や

 

 

 

f:id:marutsu1013:20140902102007j:plain

梯子やらががんがん続きます

 

 

重太郎新道は

 

 

いままで下った中でも

 

 

1番疲れる下りでした

 

 

なんせ長い←

 

 

景観がいいのでまだ気が楽でしたが

f:id:marutsu1013:20140902102430j:plain

ずっと急斜面をおりるのはこんなに大変なんだなと

 

 

おもった道でした

 

 

f:id:marutsu1013:20140902104754j:plain

降りてきた道を何回も見上げては

 

 

また降りていく

 

 

その繰り返しでした

 

 

10時に前穂高岳の分岐をでてから

 

 

おりること2時間半

 

f:id:marutsu1013:20140902121903j:plain

12:20 岳沢小屋

 

 

やっと岳沢小屋に降りてきました

 

 

f:id:marutsu1013:20140902115725j:plain

見上げると上は曇っていました

 

 

いいタイミングでおりてましたね

 

 

さっきまでの晴天が嘘のようです

 

 

 

さあ

 

 

あとは上高地まで下ります

 

f:id:marutsu1013:20140902125316j:plain

赤い屋根が上高地のバスターミナルです

 

 

上高地についたのはこのあと2時間後

 

 

14時でした

 

 

上高地までおりて振り返る穂高岳連邦

f:id:marutsu1013:20140902140114j:plain

下から見る景色は2日前と同じでした

 

 

でも

 

 

 

f:id:marutsu1013:20140902140825j:plain

晴れた時の写真がある看板をみると

 

 

今日歩いた道は

 

 

下から見たら

 

 

普通じゃないところだったんだな

 

 

そう思いました

 

 

この3日間

 

 

穂高連邦を登ってみて

 

 

すごく疲れたけれど

 

 

登山の素晴らしさを感じることができた

 

 

そんな登山でした

 

 

危ないところもあるけれども

 

 

それを含めた山の魅力に

 

 

とりつかれたような気がします

 

 

では

 

 

 

今回の登山の締めくくりとして

 

 

穂高岳を舞台とした

 

 

「岳」の名言で締めたいと思います

 

 

では

 

f:id:marutsu1013:20140902072918j:plain

『真っ直ぐ上を見て歩き続けろ』

登山11 奥穂高岳、前穂高岳 9月 2日目

f:id:marutsu1013:20140901084856j:plain

 

 

 

 

 

さあ2日目になります

 

 

2日目の天気は…

f:id:marutsu1013:20140901055856j:plain

うーん、またしても…

 

 

しかし信じて進むのです←

 

f:id:marutsu1013:20140901060414j:plain

6:00 横尾山荘 出発

 

 

この横尾大橋をわたって登山が開始されます

 

 

f:id:marutsu1013:20140901064549j:plain

そして登山道へ

 

 

ここもそんなに斜度はなかったと思います

 

 

少し進むと

f:id:marutsu1013:20140901063421j:plain

出ました

 

 

断崖絶壁の壁

 

 

「屏風岩」

 

 

この崖

 

 

じつはロッククライミングで有名なんです

 

 

 

 

こんなの登るの?

 

 

って目を疑うほどの崖でした

 

 

どうかしてるぜ←

 

 

はい

 

f:id:marutsu1013:20140901065428j:plain

7:00 本谷橋

 

 

横尾山荘を出発して1時間ほどで

 

 

涸沢までの中間地点に到着しました

 

f:id:marutsu1013:20140901065603j:plain

ここからは少し高度をあげていくことになります

 

 

f:id:marutsu1013:20140901071320j:plain

うーむ

 

 

いまみてもきつそう

 

 

この登りが1時間くらい続きます

 

 

でもこれを登ってしまえば

 

 

有名なポイントに到着です

 

f:id:marutsu1013:20140901075919j:plain

f:id:marutsu1013:20140901080624j:plain

8:00 涸沢ヒュッテ

 

 

有名な涸沢に到着です

 

 

あの涸沢カールで有名な場所ですね

 

f:id:marutsu1013:20140901084337j:plain

その涸沢カールには万年雪が積もります

 

 

f:id:marutsu1013:20140901080727j:plain

もちろんここで泊まることができますが

 

 

涸沢カールというとやはりテント泊が人気ですね

f:id:marutsu1013:20140901084330j:plain

時間も時間なのでテントがあまりありませんが

 

 

シーズンは色とりどりのテントが張られて

 

 

とてもにぎやかな場所です

 

f:id:marutsu1013:20140901081352j:plain

売店も完備

 

 

f:id:marutsu1013:20140901081357j:plain

小屋の屋上テラスでのんびりと

 

f:id:marutsu1013:20140901083038j:plain

あったかおでんを食らう

 

 

これも登山の醍醐味ですね←

 

 

ここからの景色ですが

 

f:id:marutsu1013:20140901084312j:plain

パノラマをとるとカールが伝わるかと思います

 

 

と同時に天気の悪さが伝わると思います←

 

 

今回、涸沢の天気だけは残念すぎました

 

 

本当ならここから穂高連峰をパノラマで展望できるのに

 

 

ホントの涸沢はこんなんじゃないんでがっかりしないでくださいね

 

 

紅葉とかすごいんですよ

 

 

ぜひググってください←

 

 

次回は紅葉のときにリベンジしたいと思います

 

 

しばし休憩を取った後は

f:id:marutsu1013:20140901081138j:plain

左奥にある涸沢小屋へ向かいます

 

 

この写真も雲がなければ北穂高岳が見えるのですが…

 

 

天k(ry

 

f:id:marutsu1013:20140901085445j:plain

こちらが涸沢小屋

 

 

せっかくなのでここでも休憩

f:id:marutsu1013:20140901090211j:plain

f:id:marutsu1013:20140901090151j:plain

ここでもおはぎを食らう

 

 

登山に甘いものは必須ですね

 

f:id:marutsu1013:20140901085806j:plain

本当はここもすばらしい展望ですが…

 

 

気を取り直して

f:id:marutsu1013:20140901091241j:plain

9:00 涸沢小屋を出発です

 

 

さっきまで見ていた涸沢カールを登っていきます

 

f:id:marutsu1013:20140901091252j:plain

f:id:marutsu1013:20140901092702j:plain

ごろごろした岩の中を登っていきます

 

 

最初はそんなに斜度もなく

 

 

浮石で足はとられますが

 

 

比較的楽に進めます

 

f:id:marutsu1013:20140901094737j:plain

ただこうなってくると…

 

 

視界が悪くて精神的に疲れます 

 

 

標高があがり雲の中に入ったんですね

 

 

 

f:id:marutsu1013:20140901095404j:plain

それにあわせて斜度もあがってきます

 

 

f:id:marutsu1013:20140901101435j:plain

かなり急なのが伝わるでしょうか

 

 

こういった道がひたすら続きます

 

f:id:marutsu1013:20140901101603j:plain

挙句の果てには伝い歩きしながらです

 

 

f:id:marutsu1013:20140901102739j:plain

このような登りを1時間半

 

 

ついに穂高山荘まで20分の文字が

 

 

これは地味にうれしい

 

 

そして力を出し切ったとき

f:id:marutsu1013:20140901104505j:plain

11:00 穂高山荘

 

 

つきましたー

 

 

やったー3000㍍だー

 

 

まあ天気はよくないけど

 

 

明日よくなることをいのって

 

 

まずは山荘を満喫しましょう

 

 

f:id:marutsu1013:20140901104916j:plain

こちらがフロント

 

f:id:marutsu1013:20140901104926j:plain

玄関とロビーに

 

f:id:marutsu1013:20140901112830j:plain

本をよめるスペースと

 

 

f:id:marutsu1013:20140901112839j:plain

暖炉のある談話スペースが設置されています

 

f:id:marutsu1013:20140901112736j:plain

f:id:marutsu1013:20140901105502j:plain

部屋の廊下と大部屋になります

 

 

1人1畳ちょっとというスペースでしょうか

 

 

さっそくロビーにて

f:id:marutsu1013:20140901113800j:plain

f:id:marutsu1013:20140901113806j:plain

ビールと食事をくらう

 

 

やはり夏といえども

f:id:marutsu1013:20140901113330j:plain

ストーブは欠かせませんね

 

 

f:id:marutsu1013:20140901120021j:plain

あいかわらず外はこんななので

 

 

夜ご飯までしばし休憩です

 

 

その夜ご飯をたべる食堂がこちら

f:id:marutsu1013:20140901113347j:plain

f:id:marutsu1013:20140901170512j:plain

夜ご飯もすごくおいしかったです

 

 

メンチカツがうまかったー

 

 

本当にここが標高3000㍍なんでしょうか

 

 

にわかに信じられません

 

 

おいしいご飯を食べた後は

 

f:id:marutsu1013:20140901194128j:plain

飲んで早めに寝ましょうね←

 

 

明日もはやいです

 

 

 

明日は

 

 

涸沢岳

 

 

奥穂高岳

 

 

前穂高岳

 

 

登りますよ

 

 

楽しみにしていてください

 

 

晴れますから!

 

 

では

 

 

 

 

 

 

登山11 奥穂高岳、前穂高岳(上高地~横尾山荘~穂高山荘) 9月 1日目

 

 

f:id:marutsu1013:20140902045638j:plain

では今回は登山の話に戻ります

 

 

今回挑戦する山は北アルプス穂高連峰です

 

 

そう

 

 

漫画「岳」でおなじみの3000㍍級の山々が連なります

 

 

そして今回目指すのは

 

 

日本でも3番目に高い山

 

 

奥穂高岳です

 

 穂高岳(ほたかだけ)は、中部山岳国立公園飛騨山脈北アルプス)にある標高3,190mの山。日本第三位の高峰。日本百名山新日本百名山、及び花の百名山に選定されている

 wikipediaより

 

穂高岳に上るにはいくつかルートがありますが

 

 

今回は上高地ルートでいくことにしました

 

 

東日本に住んでる人であれば

 

 

ほとんどがこのルートになると思います

 

 

上高地は観光地でもおなじみなので知っている方も多いかもしれません

 

 

車だと

 

 

松本IC→国道158号線→沢渡駐車場→バスで上高地

 

 

こんなかんじです

 

 

まず登山口にいくのまでが一苦労です

 

 

今回の登山は朝早くの出発ができなかったので

 

 

2泊3日でいくことにしました

 

f:id:marutsu1013:20140831130551j:plain

13:00 沢渡駐車場

 

 

昼過ぎに沢渡駐車場に到着しました

 

 

沢渡駐車場といっても、いたるところに駐車場があり

 

 

そのほとんどにバスが止まるので

 

 

あんまり選ばずに止めて大丈夫な気がします

 

 

そしてお気づきの方もいるかと思いますが

f:id:marutsu1013:20140831130633j:plain

またしても天気が…

 

 

で、も

 

 

頂上は大丈夫なんで安心してください←

 

 

ではいきますよ

f:id:marutsu1013:20140831131004j:plain

今回は山小屋に連泊なので40Lのザックを用意

 

 

f:id:marutsu1013:20150825232953j:plain

1日目は①のルートのみです

2日目に②

3日目に④をいきます

今回は北穂高岳は断念です

 

 

f:id:marutsu1013:20140831135825j:plain

14:00 上高地 かっぱ橋

 

 

バスが到着する上高地駅からすぐつきます

 

 

今は穂高岳連峰は雲の中です

 

 

このときは不安を募らせながらも出発します

 

 

f:id:marutsu1013:20140831141442j:plain

川沿いのわき道を歩きます

 

 

f:id:marutsu1013:20140831142305j:plain

少し晴れてきました

 

 

f:id:marutsu1013:20140831143433j:plain

この川沿いをひたすら歩きます

 

 

道は平坦でほとんどウォーキングに近いです

 

 

f:id:marutsu1013:20140831144614j:plain

f:id:marutsu1013:20140831144638j:plain

14:45 明神館 

 

 

ここまではまだ観光客の方がいたりします

 

 

この奥にキャンプ場があったりするので

 

 

ひとの行き来は多い印象でした

 

 

f:id:marutsu1013:20140831152035j:plain

f:id:marutsu1013:20140831152609j:plain

天気もよくなってきて

 

 

夏を切り取ったような景色が続きます

 

f:id:marutsu1013:20140831153439j:plain

15:30 みちくさ食堂

 

 

キャンプ場と併設されている山小屋に到着です

 

f:id:marutsu1013:20140831153522j:plain

中では昼間から1杯やっている人もいっぱいいました

 

 

とてもにぎやかでいいですね

 

 

ビールをのみたいのを我慢しつつ

 

 

さらに進んでいきます

f:id:marutsu1013:20140831153948j:plain

f:id:marutsu1013:20140831154805j:plain

この橋をわたると

 

 

1日目の目的地に到着します

 

 

f:id:marutsu1013:20140831162950j:plain

 

16:30 横尾山荘

 

 

今日は横尾山荘に宿泊します

 

 

ちなみにこの横尾山荘は

 

 

なんとお風呂が入れるのです!

 

 

これはうれしい限りですね

 

 

でもシャンプーなどは使えないのであしからず

 

 

中はこんな感じです

f:id:marutsu1013:20140831165201j:plain

フロント

 

 

f:id:marutsu1013:20140831165122j:plain

廊下

 

 

f:id:marutsu1013:20140831171855j:plain

部屋(8人部屋 2段ベット×4)

 

 

f:id:marutsu1013:20140831171808j:plain

浴室

 

 

と見てわかるようにとてもきれいです

 

 

なんか普通の旅館みたいでした

 

 

食堂は山小屋の雰囲気がでてました

f:id:marutsu1013:20140831173210j:plain

f:id:marutsu1013:20140831173216j:plain

晩御飯もとてもおいしかったです

 

 

さて

 

 

存分に山荘を楽しみましたが

 

 

ここの横尾山荘はですね

 

 

標高は1620㍍

 

 

上高地は1500㍍なので今日はぜんぜん登ってないのです

 

 

そして2日目の目的地 穂高山荘は3000㍍

 

 

明日は1400㍍も高度をあげないとだめなのです

 

 

まあ

 

 

何がいいたいかというと

 

 

早く休んで明日に備えましょうね

 

 

ってことで2日目へ続きます

 

 

 

星空を見に行こう 7月 戦場ヶ原

 

さて、新しいシリーズです

 

 

まあ

 

 

自然大好きな自分にとっては

 

 

ずっとやりたかったことなんですが

 

 

今回 初挑戦してみたので

 

 

ちょっと

 

 

紹介したいと思います

 

 

実際にやろうと思うとおもったのは

 

 

一眼レフを買ったからです

 

 

単純ですね←

 

 

それがこちら

 

f:id:marutsu1013:20150704193534j:plain

Canon EOS kiss X5

 

 

初心者用の一眼レフとしてはかなり王道なものを買ってみました

 

 

本当はフルサイズのカメラにあこがれていましたが

 

 

やはり宝の持ち腐れになっては申し訳ない

 

 

そう思い入門機として選択しました

 

 

もういまでは欠かせない相棒です

 

 

そして今回

 

 

初めて星空を写真に撮ってみたのであります

 

 

場所は

 

 

栃木県 戦場ヶ原

 

 

普通のみなさんは

 

 

観光地として認知されているのではないでしょうか

 

 

実はかなりいい星見スポットなんですよ

 

 

関東からのアクセスもいいです

 

 

星を撮るにあたって

 

 

必要なのは

 

 

三脚です

 

 

あとレリーフもあると楽です

 

 

この3点セットで今回チャレンジです

 

 

撮り方は

 

 

適当にググると出てくるので

 

 

デジタル一眼レフカメラ入門初心者講座/カタログ用語レンズ編

 

 

こちらなどを参考にしてください

 

 

ではさっそく行ってみましょう

 

 

f:id:marutsu1013:20140727213243j:plain

意外にすんなり撮れました

 

 

ただやはりピントを合わせるのが難しい

 

 

ちょっと点がボケてしまってますが

 

 

これは赤道儀などを使わないとダメなんですかね

 

 

シャキッととるのがなかなか難しい

 

 

f:id:marutsu1013:20140727214326j:plain

f:id:marutsu1013:20140727215447j:plain

写真をとるのに夢中になっていると

 

 

一瞬で時間もすぎちゃいます

 

 

f:id:marutsu1013:20140727221839j:plain

難しいですね

 

 

でもすごく楽しかったです

 

 

天の川もこんなにきれいに撮れるとは

 

 

今度はもっと上手くとりたいなと

 

 

思いました

 

 

では

 

 

今回はこれで

 

 

星空を見に行こう

 

 

 

 

登山10 八ヶ岳 赤岳~中岳~阿弥陀岳 7月

f:id:marutsu1013:20140722094035j:plain

登山シーズンの真っただ中

 

 

7月の日帰り登山に選んだ場所は

 

 

八ヶ岳連峰の最高峰「赤岳」です

 

 

それではさっそく恒例のwikipedia先生から

 

Google マップ

赤岳(あかだけ)は、長野県南佐久郡南牧村諏訪郡原村、茅野市山梨県北杜市にまたがる標高2,899 mの山。八ヶ岳連峰の最高峰である。山名は山肌が赤褐色であることに由来し、山頂は南峰と北峰に分かれており、南峰に一等三角点と神社がある。北峰には赤岳頂上山荘がある。

 

八ヶ岳は南端の編笠山と北端の蓼科山には登ったので

 

 

ぜひともこの最高峰である赤岳に登りたいと思っていました

 

 

7月

 

 

ついに登ることにしました

 

 

では今回のルートです

f:id:marutsu1013:20150430231254j:plain

スタートは美濃戸山荘→行者小屋→地蔵仏→赤岳

→中岳→阿弥陀岳ピストン→行者小屋→美濃戸山

 

 

 

それでは美濃戸山荘からです

f:id:marutsu1013:20140722135532j:plain

f:id:marutsu1013:20140722140153j:plain

AM 6:20 美濃戸山

 

 

美濃戸山荘と駐車場です

 

 

美濃戸山荘までは車で来ることができるのですが

 

 

通れるのは自家用車のみです

 

 

バスは八ヶ岳山荘までしか乗り入れができないので

 

 

歩くと1時間弱かかるところを

 

 

車でいけるためちょっぴり時間短縮できます

 

 

ただし

 

 

道が狭くかなりの田舎道なため

 

 

車高が高い車で来ることをお勧めします

 

 

普通のセダンで来ると下すっちゃいますよ

 

 

それではさっそく登山開始します

 

f:id:marutsu1013:20140722062414j:plain

f:id:marutsu1013:20140722062418j:plain

行者小屋に行くため南沢ルートを選択します

 

 

 

f:id:marutsu1013:20140722130102j:plain

f:id:marutsu1013:20140722125715j:plain

f:id:marutsu1013:20140722124818j:plain

f:id:marutsu1013:20140722124221j:plain

登山道は森の中をぬけたり

 

 

急に石だらけの川に出たり

 

 

と思ったらまた細い道に入ったりと

 

 

結構右往左往するので

 

 

道に迷うんじゃないかと思いました

 

 

雰囲気は蓼科山と似ていますね

 

 

そこまで急な登りもなく

 

 

平坦な道が多かったです

 

 

ただ行者小屋までの約1時間半は

 

 

思いのほか長かったように感じます

f:id:marutsu1013:20140722121257j:plain

AM 8:00 業者小屋

 

 

ここまでくると縦走している人や、早くも降りてきた人など

 

 

いろんな人が集まっています

 

 

小屋もすごくきれいで一休みする人が多かったですね

 

 

さてここからが本番です 

 

f:id:marutsu1013:20140722080839j:plain

f:id:marutsu1013:20140722080847j:plain

いざ、地蔵尾根へ

 

 

さきほどとは打って変わり

 

 

超、急です

 

f:id:marutsu1013:20140722081952j:plain

つたわらねー

 

 

伝わるのは天気が悪いことだけですね

 

 

そう

 

 

ここにきてすごく天気が悪くなってしまったのです

 

 

そのせいでますますテンションが下がります

 

 

しかも急に高度を上げたせいか

 

 

息が苦しくなって座り込んだりもしました

 

 

f:id:marutsu1013:20140722082529j:plain

梯子が・・・

 

 

でも頑張ります

 

f:id:marutsu1013:20140722084702j:plain

この悪天候の中

 

 

自分よりもずっと年上の

 

 

おじちゃんやおばちゃんが降りてくるのをみて

 

 

なんか頑張ろうとおもった瞬間でした

 

 

そして登りきると

f:id:marutsu1013:20140722085120j:plain

f:id:marutsu1013:20140722085118j:plain

AM 9:00 地蔵尾根

 

 

ありがたそー

 

 

ありがたそうなんだけど

 

 

天気悪いー

 

 

f:id:marutsu1013:20140722091337j:plain

これが赤岳展望荘です

 

 

名前の通り赤岳を見れるはずなんですが。。。

 

 

f:id:marutsu1013:20140722091442j:plain

雲の中です

 

 

 

 

ここでわたくし

 

 

時間をつぶす作戦にでました

 

 

もしこのままなら引き返そうと

 

 

でもここで帰るのはもったいないよなー

 

 

と葛藤した結果

 

 

待つという単純な作戦にでました

 

 

半分あきらめかけてましたが

 

 

30分後・・・

f:id:marutsu1013:20140722093110j:plain

お?

 

 

f:id:marutsu1013:20140722093144j:plain

おおおおおおーーーーーー

 

 

きたーーーー

 

 

ひさびさの青空

 

 

テンションMAXになった自分は

 

 

無我夢中で赤岳頂上に向かいます

 

f:id:marutsu1013:20140722093256j:plain

そんな中、さらに青空が広がります

 

 

 

f:id:marutsu1013:20140722093700j:plain

上には赤岳頂上山荘が見えてきました

 

 

ふりかえると

f:id:marutsu1013:20140722094035j:plain

八ヶ岳の稜線が一望!

 

 

さっきいた赤岳展望荘とその向こうの横岳がきれいにみえます

f:id:marutsu1013:20140722094131j:plain

もうこうなれば 足取りはかるいのなんの

 

 

一気に頂上山荘へ向かいます

 

 

f:id:marutsu1013:20140722094806j:plain

f:id:marutsu1013:20140722094801j:plain

AM 9:50 赤岳頂上山荘

 

 

きましたー

 

 

ついにきましたー

 

 

でもですね

 

 

じつはここが頂上かと思いきや

 

 

少しとなりに頂上があるのです

 

f:id:marutsu1013:20140722094819j:plain

左に見えるのが頂上です

 

 

 

f:id:marutsu1013:20140722095551j:plain

f:id:marutsu1013:20140722095622j:plain

AM 10:00 赤岳頂上

 

 

頂上はすごくせまかったので

 

 

頂上山荘でゆっくり景色を楽しみます

 

 

f:id:marutsu1013:20140722095336j:plain

この県界尾根はお気に入りです

 

 

それにしても

 

 

山の上に来ると

 

 

空がとても青いんですよね

f:id:marutsu1013:20140722100324j:plain

 

霞がかかってない

 

 

すごい青

 

 

自分はこの青さを見るために登山をしているのかもしれません

 

 

さあ 頂上を堪能したあとは

 

 

縦走しますよお

f:id:marutsu1013:20140722100629j:plain

目の前に見える中岳と阿弥陀岳へ

 

 

こちらがわもやはり急な道でした

 

f:id:marutsu1013:20140722101357j:plain

岩の崖を降りてる感じです

 

 

それにしても八ヶ岳の稜線はきれいですね

 

f:id:marutsu1013:20140722102259j:plain

ますますやる気がでてきます

 

 

さっきまでいた赤岳山頂は

f:id:marutsu1013:20140722103104j:plain

もうずっと上にあります

 

 

パノラマで見てみると

f:id:marutsu1013:20140722104406j:plain

左下の青い屋根が行者小屋 真ん中が横岳 右で切れているのが赤岳ですね

 

 

数々の山をみながら

 

 

縦走していきます

 

f:id:marutsu1013:20140722104514j:plain

AM 10:45 中岳山頂

 

 

さあこれで残るは阿弥陀

 

 

f:id:marutsu1013:20140722110328j:plain

なのにここで再び雲が・・・

 

 

これは急がなくてはと思い

 

 

一気に阿弥陀岳を登ります

 

f:id:marutsu1013:20140722111300j:plain

f:id:marutsu1013:20140722111222j:plain

AM 11:10 阿弥陀岳山頂

 

 

あー

 

 

あー間に合わなかった・・・

 

 

残念ですがしょうがないですね

 

 

でも赤岳・中岳・阿弥陀岳と3山縦走できたのでよしとしましょう

 

 

帰り道にはまた少し晴れてきたりして

f:id:marutsu1013:20140722120519j:plain

また登ってやるーっておもった瞬間でした

 

 

1週して

f:id:marutsu1013:20140722121211j:plain

PM 12:12 行者小屋

 

 

帰ってきました

 

 

今回はじめて八ヶ岳のメインに登りましたが

 

 

一言でいうなら

 

 

はまっちゃいますね

 

 

八ヶ岳って登山してて本当に楽しい

 

 

そう思わせてくれる山でした

 

 

今度は端から端まで縦走してみたいですね

 

 

では今回はこれにて

f:id:marutsu1013:20140722144105j:plain

またくるからね

 

 

さんきゅーーー