読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんかくかくめい

ひと、それぞれにとって感覚もひとそれぞれ。

旅行1 石垣島・西表島・竹富島

こんにちは

 

 

ついにですね

 

 

今年は絶対ここにいくと

 

 

去年から決めていた

 

 

石垣島に行くことができました

 

 

はい拍手ー

 

 

 

 

はい

 

 

 

では石垣島の思い出を

 

 

つらつらと書いていきましょうかね

 

 

 今回は仕事の関係上

 

 

2泊3日でいってまいりました

 

 

まぁ正直

 

 

3泊くらいはしたかったですね

 

 

とりあえず出発です

 

 

f:id:marutsu1013:20130621074334j:plain

朝 8:00の飛行機でまずは那覇空港へいきます

 

 

今年から新しい石垣空港がオープンして

 

 

羽田からだと直接便もあるんですけど

 

 

いかんせん

 

 

時間帯が昼過ぎとかしかないため

 

 

早くつくためには乗り継いじゃったほうがいいのです

 

 

 

やはり旅行は往路が一番テンションあがりますよね

 

 

10:30分ころ那覇空港に到着

 

 

そのまま今度は石垣空港いきの飛行機へ

f:id:marutsu1013:20130621105216j:plain

 

朝8:00にでてもだいたいつくのは昼前ってところでしょうか

 

 

f:id:marutsu1013:20130621105436j:plain

到着です

 

当日は台風がちょうどすぎた直後だったので

 

 

若干曇ってましたが

 

 

そんなこと気にならないくらいきれいな景色が広がっていました

 

 

空港からすぐレンタカーを借りまして

 

 

すぐさま石垣港に向かいます

 

 

f:id:marutsu1013:20130622075511j:plain

ここからいろいろな離島への船がでています

 

 

今日はお昼過ぎということもありすぐさま竹富島へ向かいます

 

 

f:id:marutsu1013:20130621131634j:plain

こちらの船で竹富島までだいたい10分でついちゃいます

 

 

ちかいですね

 

 

竹富島にきたのはですね

 

 

やはりあの石垣や赤い瓦でできた家と

 

 

水牛をみるためですよね

 

 

f:id:marutsu1013:20130621135546j:plain

f:id:marutsu1013:20130621134918j:plain

いやすばらしい街並みです

 

 

竹富島に住む人は雰囲気を壊さないように

 

 

決まりに沿った家を建てなければならないみたいです

 

 

そのおかげですばらしい景観でした

 

 

そして竹富島のアイドルといえば

 

f:id:marutsu1013:20130621143346j:plain

 

水牛ですよね

 

 

今回は新田観光さんのところで水牛ツアーに参加しました

 

 

竹富島の港につくといろんな会社の人がプラカードを持って立っているので

 

 

適当に話しかければバスでつれてって言ってくれます

 

 

さて今回お世話になる水牛を紹介します

f:id:marutsu1013:20130621135857j:plain

 

ぴーすけです

 

 

そして案内人はこの方

f:id:marutsu1013:20130621142330j:plain

ごめんなさい名前はしりません←

 

 

この荷車に乗って竹富島の家屋の間を案内されます

 

 

すごいと思ったのは

 

 

道がかなり狭いのにもかかわらず無事故無違反なことです

 

 

綺麗にカーブしていきます

 

 

おかげで楽しいひと時を過ごすことができました

 

 

最後には竹富島の民謡をみんなで歌ったりして

 

 

旅行気分を盛り上げてくれました

f:id:marutsu1013:20130621143525j:plain

いい絵になりました

 

 

水牛にも乗れたことなので

 

 

今度はレンタチャリで海をめざします

 

 

竹富島で有名な海岸といえば星砂浜ですよね

f:id:marutsu1013:20130621150522j:plain

 

立派に看板がでています

 

 

その名の字のごとく砂の中に星の形をしたものがまぎれています

 

 

星砂を探すのも結構楽しいです

 

 

ちょっと小さすぎて写真は撮れませんでしたが

 

 

代わりにちがうものを

 

 

f:id:marutsu1013:20130621145750j:plain

 

全然ちがいますね

 

 

さて

 

 

今度は別の海岸をめざしてチャリで爆走します

 

f:id:marutsu1013:20130621135520j:plain

この看板

 

 

振り仮名がしてないとさっぱり読めませんね

 

 

この看板のコンドイ浜へ向かいます

 

 

ちなみに道路はかろうじて舗装はされているものの

 

 

まず車は通りません

 

 

こんな田舎道はほかにないってくらい気持ちいいです

 

 

さてコンドイ浜につきました

 

f:id:marutsu1013:20130621152135j:plain

f:id:marutsu1013:20130621152120j:plain

こんな美しいところが日本にあるなんで驚きです

 

 

水はもちろん透き通って透明でした

 

 

海水浴はもちろん、車の陰で寝るのも気持ちよさそうですよね

 

 

f:id:marutsu1013:20130621154509j:plain

ごらんのとおり猫は見向きも致しません

 

 

さて、

 

 

こんな見どころ満載な竹富島をあとにして

 

 

また石垣島に戻ります

 

 

旅行の醍醐味のひとつである食にありつくためです

 

 

今回は居酒屋「ひとし」さんにいってみました

f:id:marutsu1013:20130621204618j:plain

 

石垣港から歩いていける距離にありとても便利です

 

 

おもに寿司や魚がおいしかったですね

 

 

でもやはり

 

 

石垣島といっても沖縄

 

 

これを頼まずにはいられません

 

 

f:id:marutsu1013:20130621194445j:plain

オリオンビールと海ブドウ

 

 

最高の組み合わせですよね

 

 

これだけで3杯はいけます

 

 

そんなこんなでたっぷりと観光を楽しみました

 

 

今日は竹富島がメインでしたが

 

 

田舎大好き自然大好きなわたくしはですね

 

 

夏を感じる写真を今回撮ってみました

 

 

何もない自然だけの夏

 

 

f:id:marutsu1013:20130621151313j:plain

BGMは久石譲の「summer」でお願いします

 

 

夏っていいですよね

 

 

ではでは2日目につづきます