読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんかくかくめい

ひと、それぞれにとって感覚もひとそれぞれ。

登山3 蓼科山 ~7月~

 

おひさしぶりになってしまいました

 

 

もう今年も終わってしまう月になりましたね

 

 

時が過ぎるのははやいものです

 

 

さて

 

 

書き溜めたものを書いていかねばと思いまして

 

 

写真を見返したところ

 

 

なんと7月までさかのぼってしまいました←

 

 

なので今回は7月のお話です

 

 

季節はずれにもほどがありますね

 

 

そんなことは気にせずに

 

 

さくっとはじめていきたいと思います

 

 

今回は蓼科山登山について書いていきたいと思います

 


蓼科山

 

 

蓼科山(たてしなやま)は八ヶ岳連峰の北端に位置する標高2,530mの火山。 円錐形の美しい山容から諏訪富士(すわふじ)とも呼ばれる。山体は八ヶ岳中信高原国定公園に含まれる。日本百名山のひとつ。

*1

 

そう

 

 

長野県にある百名山です

 

 

上信越道の小諸ICでおりて

 

 

登山口に向かいます

 

 

f:id:marutsu1013:20130720170905j:plain

写真の中央にみえる小高い山が蓼科山です

 

 

この蓼科山は

 

 

七合目まで車で行くことができるので

 

 

今回は7合目からのスタートになります

 

 

七合目には広い駐車場がありますが

 

 

土曜日ということでかなりこんでいて

 

 

10時にはもうすでにいっぱいでした

 

f:id:marutsu1013:20130720164325j:plain

 こちらがスタート位置の「蓼科山七合目」

 

 

ではさっそく行ってみましょう

 

f:id:marutsu1013:20130720103426j:plain

最初は整備された山道になっています

 

 

ある程度登っていくと本格的な登りになってきます

 

 

f:id:marutsu1013:20130720104602j:plain

足元は石が敷き詰められたようになっています

 

 

最初はちょっと足がとられてあるきづらかったですね

 

 

f:id:marutsu1013:20130720105106j:plain

f:id:marutsu1013:20130720154920j:plain

石でできた川を登っていくイメージですね

 

 

この時点で振り返るとこんなかんじ

 

f:id:marutsu1013:20130720154934j:plain

 

みあげるときれいな空が見えます

 

 

f:id:marutsu1013:20130720105623j:plain

うーん いい←

 

 

この日は気持ちがいいぐらいの快晴でした

 

 

さて

 

 

10時ころから登り始めて、約1時間

 

 

小高い丘で休憩です

 

f:id:marutsu1013:20130720110809j:plain

 

ちょっとした省スペースが

 

 

ここからの眺めもすでにきれいでした

 

f:id:marutsu1013:20130720111053j:plain

この景色 癒されます

 

 

頂上にいけばもっときれいな景色が広がることを想像すると

 

 

この時点でわくわくしますね

 

 

このあと30分も登れば

 

 

「将軍平」につきます

f:id:marutsu1013:20130720114006j:plain

 

こちらが「将軍平」

 

 

蓼科山荘もここにあります

 

 

ここでまた少し休憩

 

 

将軍平からはもう蓼科山の頂上が見えます

 

 

f:id:marutsu1013:20130720114749j:plain

って

 

手がはいっちゃてるし

 

 

はい

 

 

すいませんこれしかここからの写真がなくて

 

 

まあ

 

 

これからあそこにいくんだー

 

 

と胸を高めて登っていきますよ

 

 

ただしここからは岩登りになります

 

f:id:marutsu1013:20130720115743j:plain

 

こんなかんじで岩がごろごろしております

 

 

ここまでくると

 

 

手を使わないとなかなか登れません

 

 

でもそれが登山してる感をぐっと持ち上げてくれます

 

 

途中には鎖場もあったりして

 

 

冒険心もかりたてられますね

 

f:id:marutsu1013:20130720115815j:plain

 

振りかえるとかなり急ですね

 

 

鎖場はこんなかんじ

 

f:id:marutsu1013:20130720120112j:plain

まあ

 

 

正直鎖がなくても登れないことはないですね←

 

 

でも雰囲気は大切です

 

 

さてそうこうしてるともうこんなに登っています

 

f:id:marutsu1013:20130720121305j:plain

さっきまでいた将軍平があんなに小さく見えます

 

 

ここまでくるとまわりに木がなくなっていきます

 

 

2500mを超えるとやはり森林限界なのですね

 

 

さて

 

 

頂上はもうすぐそこです

 

 

f:id:marutsu1013:20130720122420j:plain

この辺に頂上の立札があるはずなんですが・・・

 

 

岩場の中を探します

 

 

ここの頂上はすごく広いスペースになっています

 

f:id:marutsu1013:20130720123119j:plain

ひろーい

 

 

 

f:id:marutsu1013:20130720143754j:plain

ちょっとした鳥居もあったりして

 

 

あとは山頂といえばお約束

f:id:marutsu1013:20130720134028j:plain

ここからは何がみえるかわかるよ像

 

 

それではしばし頂上からの景色をご観覧ください

 

f:id:marutsu1013:20130720123848j:plain

f:id:marutsu1013:20130720123850j:plain

f:id:marutsu1013:20130720133900j:plain

3枚目の向こう側には八ヶ岳連峰が

 

 

いつかは縦断してみたいものです

 

 

この日は天気が味方していくれたみたいで

 

 

こんな景色も撮れました

 

f:id:marutsu1013:20130720124122j:plain

虹がかかりました

 

 

さて

 

 

 

登った後の楽しみといえばはやはりこれ

f:id:marutsu1013:20130720124423j:plain

ノンアルなのにめちゃめちゃうまく感じます

 

 

f:id:marutsu1013:20130720125623j:plain

f:id:marutsu1013:20130720130217j:plain

外で作って食べる飯は通常の5割増しですね

 

 

今回の蓼科山登山

 

 

頂上についたのが12時半くらいでしたので

 

 

将軍平からは1時間弱、登りはじめからは3時間ほどといったところでしょうか

 

 

日帰りにはちょうどいい登山でした

 

 

景色もすごくきれいなのでおすすめです

 

 

初心者の自分でも気持ち良く登れました

 

 

せっかくきれいな景色だったので

 

 

最後は写真を何枚かのせておしまいにしたいと思います

 

 

f:id:marutsu1013:20130720123254j:plain

f:id:marutsu1013:20130720141152j:plain

f:id:marutsu1013:20130720123604j:plain

 

あえての白黒

 

 

かっこいいでしょ←

 

 

ではでは

 

 

*1:wikipedia参照