読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんかくかくめい

ひと、それぞれにとって感覚もひとそれぞれ。

登山8 編笠山 5月 GW

 

今回も登山のお話です

 

 

もう8か所目ですね

 

 

今回はGWの時期の登山

 

 

ただですね

 

 

画像的にはGWのような雰囲気は全くないので

 

 

ご注意ください←

 

 

そして今回登った山はこちら

 


編笠山

編笠山(あみがさやま)は、八ヶ岳連峰の最南端に位置する標高2,524mの山。1964年(昭和39年)6月1日に八ヶ岳中信高原国定公園に指定され、山梨百名山に選定されている。

Wikipdiaより

 

そうなんです

 

 

八ヶ岳連峰の最南端のやまなんですね

 

 

先日は八ヶ岳連峰の最北端の蓼科山に登ったので

 

 

これで端っこは制覇ですね

 

 

さあ

 

 

行ってみましょう

 

f:id:marutsu1013:20150125150733g:plain

登山ルートはだいたいこんな感じ

 

 

標高差はちょうど1000㍍といったところでしょうか

 

 

さてまずは準備開始です

 

 

小淵沢ICから約30分くらいですかね

 

 

観音平登山口に到着です

f:id:marutsu1013:20140504063122j:plain

準備中...AM6:30

 

 

さて登山開始しますよ

f:id:marutsu1013:20140504063203j:plain

あのひょこっと出てるのが編笠山です

 

 

 

f:id:marutsu1013:20140504063505j:plain

後ろに南アルプスを眺めて、出発です

 

 

最初は普通の山道を進みます

f:id:marutsu1013:20140504064936j:plain

まだ春先なので、緑は一切ありません

 

 

茶色ばっか

f:id:marutsu1013:20140504070041j:plain

でっかい岩がごろごろしています

 

 

たまに岩に挟まれたり

f:id:marutsu1013:20140504070859j:plain

ここを通れば

 

 

f:id:marutsu1013:20140504071436j:plain

AM7:15 雲海に到着です

 

 

ホントはここまでくるのに

 

 

モアイ像風の奇岩があるはずだったんですけど

 

 

どれだったんですかね←

 

 

ちなみに今回はすごく晴天だったので

f:id:marutsu1013:20140504071451j:plain

この時点で富士山が眺めることができます

 

 

やはり日本人たるもの

 

 

富士山がみえるとなんかテンションあがりますよね

 

 

さて上を目指します

f:id:marutsu1013:20140504073733j:plain

ここからは登山らしく急な道になってきます

 

 

このへんにそろそろ

 

 

ペンギンににた奇岩があるはずなんですが・・・

 

 

どれなんだべ←

f:id:marutsu1013:20140504073254j:plain

これ...ではないよねw

 

 

これくらいしか岩なかったんだけどなー

 

 

さてそんなこんなしてると

 

 

5月には異質な光景が目に写ります

f:id:marutsu1013:20140504074741j:plain

雪 あります

 

 

やっぱり5月といえど

 

 

山は寒いんだなーと改めて実感します

 

 

f:id:marutsu1013:20140504075255j:plain

AM 7:50 押手川分岐

 

 

さあ

 

 

ここから編笠山へ本格的に登りますよ

f:id:marutsu1013:20140504075458j:plain

ここからは道が急な上に、足元が雪なので

 

 

結構なペースダウンでした

f:id:marutsu1013:20140504080445j:plain

急なのが伝わりますかね

 

 

f:id:marutsu1013:20140504083652j:plain

ここでいきなりですが

 

 

編笠山に登ろうと思った理由なんですけど

 

 

景色がすごくいいらしいとの話を聞いて決めたわけなんです

 

 

じつはこの時点で

 

 

後ろを振り向くと、それはもうすごい景色なのですが

 

 

ここで出すのはもったいないので

 

 

頂上までお待ちください

 

 

というわけで

 

 

先ほどの急な道を登っていくと

f:id:marutsu1013:20140504085711j:plain

AM 9:00 頂上でーす←

 

 

f:id:marutsu1013:20140504085742j:plain

三角点も確認して

 

 

お待たせいたしました

 

 

山頂からの絶景をお楽しみください

f:id:marutsu1013:20140504084904j:plain

どうですか

 

 

この南アルプスと富士山のツーショット

 

 

f:id:marutsu1013:20140504090431j:plain

そしてこちらは八ヶ岳が一望できます

 

 

左にひょこっと出てるのがこの前のぼった蓼科山ですね

 

f:id:marutsu1013:20140504090534j:plain蓼科山の左には北アルプス

 

 

じつはこの左には中央アルプスも見れるんです

 

 

そう

 

 

ここは日本アルプスが全部見ることができるのです

 

 

今回は夢中で写真を撮っていましたね

 

 

遠くまで景色が見れるのは

 

 

基本朝だけなので

 

 

絶景を味わいたい方はなるべく早く登った方がいいと思います

 

 

さんざん楽しんだ後は

 

 

ゆっくり下山します

f:id:marutsu1013:20140504093845j:plain

目の前の山は権現岳、途中の青い屋根の小屋が青年小屋です

 

 

青年小屋を目指して一気におります

 

 

f:id:marutsu1013:20140504110145j:plain

山小屋に赤ちょうちんというのも新鮮ですね

 

 

ちょうちんがあるのでもちろんお酒がのめますよ

 

 

そして編笠山を眺めます

f:id:marutsu1013:20140504095550j:plain

いやー綺麗ですね

 

 

この青年小屋から北に行くと権現岳ですが

 

 

今回は時間の関係でこのまま観音平まで下りました

 

 

せっかくなので

 

 

余裕がある人は権現岳まで行くのも楽しいと思います

 

 

さて

 

 

今回の登山はこれでおしまいです

 

 

編笠山のいいところは何と言っても絶景なところなので

 

 

ぜひ晴れた日の朝早くに行くことをお勧めします

 

 

では

 

 

これにて

 

 

 

 

 

f:id:marutsu1013:20140504100120j:plain

CMじゃないよ