読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんかくかくめい

ひと、それぞれにとって感覚もひとそれぞれ。

登山11 奥穂高岳、前穂高岳 9月 2日目

f:id:marutsu1013:20140901084856j:plain

 

 

 

 

 

さあ2日目になります

 

 

2日目の天気は…

f:id:marutsu1013:20140901055856j:plain

うーん、またしても…

 

 

しかし信じて進むのです←

 

f:id:marutsu1013:20140901060414j:plain

6:00 横尾山荘 出発

 

 

この横尾大橋をわたって登山が開始されます

 

 

f:id:marutsu1013:20140901064549j:plain

そして登山道へ

 

 

ここもそんなに斜度はなかったと思います

 

 

少し進むと

f:id:marutsu1013:20140901063421j:plain

出ました

 

 

断崖絶壁の壁

 

 

「屏風岩」

 

 

この崖

 

 

じつはロッククライミングで有名なんです

 

 

 

 

こんなの登るの?

 

 

って目を疑うほどの崖でした

 

 

どうかしてるぜ←

 

 

はい

 

f:id:marutsu1013:20140901065428j:plain

7:00 本谷橋

 

 

横尾山荘を出発して1時間ほどで

 

 

涸沢までの中間地点に到着しました

 

f:id:marutsu1013:20140901065603j:plain

ここからは少し高度をあげていくことになります

 

 

f:id:marutsu1013:20140901071320j:plain

うーむ

 

 

いまみてもきつそう

 

 

この登りが1時間くらい続きます

 

 

でもこれを登ってしまえば

 

 

有名なポイントに到着です

 

f:id:marutsu1013:20140901075919j:plain

f:id:marutsu1013:20140901080624j:plain

8:00 涸沢ヒュッテ

 

 

有名な涸沢に到着です

 

 

あの涸沢カールで有名な場所ですね

 

f:id:marutsu1013:20140901084337j:plain

その涸沢カールには万年雪が積もります

 

 

f:id:marutsu1013:20140901080727j:plain

もちろんここで泊まることができますが

 

 

涸沢カールというとやはりテント泊が人気ですね

f:id:marutsu1013:20140901084330j:plain

時間も時間なのでテントがあまりありませんが

 

 

シーズンは色とりどりのテントが張られて

 

 

とてもにぎやかな場所です

 

f:id:marutsu1013:20140901081352j:plain

売店も完備

 

 

f:id:marutsu1013:20140901081357j:plain

小屋の屋上テラスでのんびりと

 

f:id:marutsu1013:20140901083038j:plain

あったかおでんを食らう

 

 

これも登山の醍醐味ですね←

 

 

ここからの景色ですが

 

f:id:marutsu1013:20140901084312j:plain

パノラマをとるとカールが伝わるかと思います

 

 

と同時に天気の悪さが伝わると思います←

 

 

今回、涸沢の天気だけは残念すぎました

 

 

本当ならここから穂高連峰をパノラマで展望できるのに

 

 

ホントの涸沢はこんなんじゃないんでがっかりしないでくださいね

 

 

紅葉とかすごいんですよ

 

 

ぜひググってください←

 

 

次回は紅葉のときにリベンジしたいと思います

 

 

しばし休憩を取った後は

f:id:marutsu1013:20140901081138j:plain

左奥にある涸沢小屋へ向かいます

 

 

この写真も雲がなければ北穂高岳が見えるのですが…

 

 

天k(ry

 

f:id:marutsu1013:20140901085445j:plain

こちらが涸沢小屋

 

 

せっかくなのでここでも休憩

f:id:marutsu1013:20140901090211j:plain

f:id:marutsu1013:20140901090151j:plain

ここでもおはぎを食らう

 

 

登山に甘いものは必須ですね

 

f:id:marutsu1013:20140901085806j:plain

本当はここもすばらしい展望ですが…

 

 

気を取り直して

f:id:marutsu1013:20140901091241j:plain

9:00 涸沢小屋を出発です

 

 

さっきまで見ていた涸沢カールを登っていきます

 

f:id:marutsu1013:20140901091252j:plain

f:id:marutsu1013:20140901092702j:plain

ごろごろした岩の中を登っていきます

 

 

最初はそんなに斜度もなく

 

 

浮石で足はとられますが

 

 

比較的楽に進めます

 

f:id:marutsu1013:20140901094737j:plain

ただこうなってくると…

 

 

視界が悪くて精神的に疲れます 

 

 

標高があがり雲の中に入ったんですね

 

 

 

f:id:marutsu1013:20140901095404j:plain

それにあわせて斜度もあがってきます

 

 

f:id:marutsu1013:20140901101435j:plain

かなり急なのが伝わるでしょうか

 

 

こういった道がひたすら続きます

 

f:id:marutsu1013:20140901101603j:plain

挙句の果てには伝い歩きしながらです

 

 

f:id:marutsu1013:20140901102739j:plain

このような登りを1時間半

 

 

ついに穂高山荘まで20分の文字が

 

 

これは地味にうれしい

 

 

そして力を出し切ったとき

f:id:marutsu1013:20140901104505j:plain

11:00 穂高山荘

 

 

つきましたー

 

 

やったー3000㍍だー

 

 

まあ天気はよくないけど

 

 

明日よくなることをいのって

 

 

まずは山荘を満喫しましょう

 

 

f:id:marutsu1013:20140901104916j:plain

こちらがフロント

 

f:id:marutsu1013:20140901104926j:plain

玄関とロビーに

 

f:id:marutsu1013:20140901112830j:plain

本をよめるスペースと

 

 

f:id:marutsu1013:20140901112839j:plain

暖炉のある談話スペースが設置されています

 

f:id:marutsu1013:20140901112736j:plain

f:id:marutsu1013:20140901105502j:plain

部屋の廊下と大部屋になります

 

 

1人1畳ちょっとというスペースでしょうか

 

 

さっそくロビーにて

f:id:marutsu1013:20140901113800j:plain

f:id:marutsu1013:20140901113806j:plain

ビールと食事をくらう

 

 

やはり夏といえども

f:id:marutsu1013:20140901113330j:plain

ストーブは欠かせませんね

 

 

f:id:marutsu1013:20140901120021j:plain

あいかわらず外はこんななので

 

 

夜ご飯までしばし休憩です

 

 

その夜ご飯をたべる食堂がこちら

f:id:marutsu1013:20140901113347j:plain

f:id:marutsu1013:20140901170512j:plain

夜ご飯もすごくおいしかったです

 

 

メンチカツがうまかったー

 

 

本当にここが標高3000㍍なんでしょうか

 

 

にわかに信じられません

 

 

おいしいご飯を食べた後は

 

f:id:marutsu1013:20140901194128j:plain

飲んで早めに寝ましょうね←

 

 

明日もはやいです

 

 

 

明日は

 

 

涸沢岳

 

 

奥穂高岳

 

 

前穂高岳

 

 

登りますよ

 

 

楽しみにしていてください

 

 

晴れますから!

 

 

では