読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんかくかくめい

ひと、それぞれにとって感覚もひとそれぞれ。

登山11 奥穂高岳 前穂高岳 9月 3日目

 

f:id:marutsu1013:20140902052801j:plain

 

それではついにクライマックスの3日目です

 

 

昨日からちょうちょうちょう不安だった天気ですが

 

 

朝とともに

 

 

ついに回復しました

f:id:marutsu1013:20140902044905j:plain

3000㍍からみる雲海です

 

 

もう少しで日が昇ってきます

 

 

テラスでは宿泊客がそわそわ

f:id:marutsu1013:20140902045735j:plain

なんかパタゴニアのTシャツみたいな写真ですね

 

 

絵になります

 

 

自分は太陽まだが昇ってないこの瞬間がとても好きです

 

 

空が青くて水平線がオレンジのグラデーション

 

 

とても綺麗ですよね

 

 

そしてまちかねたご来光です

f:id:marutsu1013:20140902052115j:plain

5:20 ご来光

 

 

さて

 

 

こんないい天気になってしまったもんだから

 

 

朝からテンションあがりっぱなしです

f:id:marutsu1013:20140902052133j:plain

昨日は曇ってあまり見えなかった穂高山荘が顔を見せます

 

 

本来はこのまま

 

 

奥穂高岳にいこうかと思ったんですが

 

 

あまりにもいい天気だったので

 

 

調子に乗って

 

 

まず涸沢岳をピストンすることに

 

 

奥穂高岳とは逆側、北側の山に登ります

 

f:id:marutsu1013:20140902053217j:plain

北の斜面からみる穂高山荘と奥穂高岳です

 

 

穂高山荘から涸沢岳は15分ほどで着きます

f:id:marutsu1013:20140902054811j:plain

5:50 涸沢岳 頂上

 

 

涸沢岳の頂上は人が2,3人立つのがやっと位のスペースしかありません

 

 

それでも

 

 

涸沢岳の頂上からは

 

 

素晴らしい景色が見れます

f:id:marutsu1013:20140902054526j:plain

北穂高岳槍ヶ岳です

 

 

天高くのびる槍ヶ岳

 

 

かっこいいですね

 

 

さあ

 

 

そしてついに

 

 

奥穂高岳に挑戦です

f:id:marutsu1013:20140902052801j:plain

あの先にいきますよ

 

 

写真でもわかるように

 

 

かなーり急な斜面です

 

 

とういか崖ですね

 

 

f:id:marutsu1013:20140902064339j:plain

急斜面なのが伝わるでしょうか

 

 

ホントに一歩間違えば落ちちゃいますね

 

f:id:marutsu1013:20140902064831j:plain

振り返ると先ほどのぼった涸沢岳が見えます

 

 

f:id:marutsu1013:20140902070926j:plain

この断崖絶壁のヘリをつたっていくと

 

 

もう頂上です

f:id:marutsu1013:20140902071831j:plain

7:20 奥穂高岳 山頂

 

 

やりました

 

 

ついに

 

 

ついに標高日本第3位の山

 

 

登頂成功です

 

 

すがすがしいくらいの青空

 

 

そして絶景です

f:id:marutsu1013:20140902072404j:plain

そして

 

 

ここから見る景色の中で

 

 

もっとも迫力があるのがこちら

f:id:marutsu1013:20140902071406j:plain

f:id:marutsu1013:20140902072102j:plain

この垂直の絶壁

 

 

そうです

 

 

これが有名な「ジャンダルム」です

 

 

国内最難関の一般ルートと呼ばれています

 

 

写真ではなかなか伝わらないですが

 

 

間近でみてみると

 

 

その絶壁度が度を超えています

 

 

尾根をまたぎながら進むといった感じでしょうか

 

 

他の登山で練習して

 

 

いつかいってみたいですね

 

f:id:marutsu1013:20140902072738j:plain

さて頂上を満喫した後は前穂高岳へ縦走します

 

 

f:id:marutsu1013:20140902073913j:plain

尾根伝いに縦走していきます

 

 

f:id:marutsu1013:20140902074321j:plain

この尾根を歩くのですが

 

 

ほとんど尾根をまたぐような道になっているので

 

 

右足は上高地

 

 

左足は涸沢側

 

 

みたいな状況になります

 

 

わかりやすくすると

 

 

右をみると

f:id:marutsu1013:20140902082549j:plain

上高地

 

 

左をみると

f:id:marutsu1013:20140902074513j:plain

涸沢カール

 

 

という

 

 

すごい場所に来たもんだと思いましたよ←

 

 

これが有名な吊り尾根というところみたいです

 

f:id:marutsu1013:20140902074529j:plain

踏み外したらおしまいですね

 

 

f:id:marutsu1013:20140902100232j:plain

さて、ここからついに前穂高岳へチャレンジです

 

 

ここから前穂高岳へまでは

 

 

約20分なのですが

 

 

そのあいだはずっとロッククライミングみたいな状況なので

 

 

全然写真がありません

 

 

というか常に両手がふさがって撮れませんでした

 

 

それでもなんとか撮ったのがこちら

f:id:marutsu1013:20140902090018j:plain

急すぎて上が見えませんね

 

 

でも頑張って登るとですね

 

 

すばらしい景色が待っているのです

 

f:id:marutsu1013:20140902091817j:plain

9:20 前穂高岳 山頂

 

 

やりました

 

 

前穂高岳 登頂成功です

 

 

今日のぼった山々

 

 

そして穂高岳連峰

 

 

槍ヶ岳

 

 

全部見えます

f:id:marutsu1013:20140902092141j:plain

この絶景

 

 

写真に写っている尾根を渡ってきたと考えると

 

 

自分でもびっくりです

 

 

下りは少し余裕が出てきたので

 

 

写真を撮ることができました

f:id:marutsu1013:20140902095143j:plain

先ほど登ってきた道を頂上から見ます

 

 

下りおえて見上げるとこんな感じです

f:id:marutsu1013:20140902100444j:plain

今見てもすごい登山道です

 

 

さて

 

 

この2泊3日の登山もいよいよ終盤

 

 

あとは上高地まで降りることです

 

 

前穂高岳から重太郎新道を下っていきます

 

 

この重太郎新道も

 

 

なかなかの道でした

 

 

f:id:marutsu1013:20140902101244j:plain

鎖場や

 

 

 

f:id:marutsu1013:20140902102007j:plain

梯子やらががんがん続きます

 

 

重太郎新道は

 

 

いままで下った中でも

 

 

1番疲れる下りでした

 

 

なんせ長い←

 

 

景観がいいのでまだ気が楽でしたが

f:id:marutsu1013:20140902102430j:plain

ずっと急斜面をおりるのはこんなに大変なんだなと

 

 

おもった道でした

 

 

f:id:marutsu1013:20140902104754j:plain

降りてきた道を何回も見上げては

 

 

また降りていく

 

 

その繰り返しでした

 

 

10時に前穂高岳の分岐をでてから

 

 

おりること2時間半

 

f:id:marutsu1013:20140902121903j:plain

12:20 岳沢小屋

 

 

やっと岳沢小屋に降りてきました

 

 

f:id:marutsu1013:20140902115725j:plain

見上げると上は曇っていました

 

 

いいタイミングでおりてましたね

 

 

さっきまでの晴天が嘘のようです

 

 

 

さあ

 

 

あとは上高地まで下ります

 

f:id:marutsu1013:20140902125316j:plain

赤い屋根が上高地のバスターミナルです

 

 

上高地についたのはこのあと2時間後

 

 

14時でした

 

 

上高地までおりて振り返る穂高岳連邦

f:id:marutsu1013:20140902140114j:plain

下から見る景色は2日前と同じでした

 

 

でも

 

 

 

f:id:marutsu1013:20140902140825j:plain

晴れた時の写真がある看板をみると

 

 

今日歩いた道は

 

 

下から見たら

 

 

普通じゃないところだったんだな

 

 

そう思いました

 

 

この3日間

 

 

穂高連邦を登ってみて

 

 

すごく疲れたけれど

 

 

登山の素晴らしさを感じることができた

 

 

そんな登山でした

 

 

危ないところもあるけれども

 

 

それを含めた山の魅力に

 

 

とりつかれたような気がします

 

 

では

 

 

 

今回の登山の締めくくりとして

 

 

穂高岳を舞台とした

 

 

「岳」の名言で締めたいと思います

 

 

では

 

f:id:marutsu1013:20140902072918j:plain

『真っ直ぐ上を見て歩き続けろ』