かんかくかくめい

ひと、それぞれにとって感覚もひとそれぞれ。

登山12 木曽駒ヶ岳 宝剣岳 9月下旬(紅葉)

f:id:marutsu1013:20140923085610j:plain

 

 

さて季節は秋

 

 

秋といえばなんでしょうか

 

 

そう、紅葉ですね?←

 

 

いつも紅葉は山々を見上げてみるものですが

 

 

今回は紅葉を見降ろしちゃいます

 

 

山の上からの紅葉ってやばいと思いません?

 

 

はい

 

 

そこで今回えらんだのが「木曽駒ヶ岳」になります

 

 

では恒例ですがwikipedia先生によると

 

 

木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ)は長野県上松町・木曽町・宮田村の境界にそびえる標高2,956mの山で、木曽山脈中央アルプス)の最高峰。日本百名山新日本百名山、花の百名山に選定されている。木曾駒ヶ岳とも表記され、また略して木曽駒と呼ばれる事もある。

*1

 

 

今回、初の中央アルプスにチャレンジです

 

 

しかもしょっぱなから最高峰に登っちゃいます

 

 

そんなすごい山にいきなり行って大丈夫なのか

 

 

と思いでしょうが

 

 

木曽駒ヶ岳は非常に整っておりまして

 

 

頂上の近くまでロープウェーが通っているので

 

 

初心者でも安全に行くことができます

 

 

むしろ観光客でも頂上付近までいける観光名所です

 

 

それでもやはり3000㍍近い山なので、絶景は保証します

 

 

しかも紅葉ですよ

 

 

テンションあがりますね

 

 

さて長い話はこの辺にして

 

 

さっそくはじめていきましょう

 

f:id:marutsu1013:20090116115413j:plain

まずは千畳敷駅を目指します

 

f:id:marutsu1013:20140923074132j:plain

AM 7:40 ロープウェー行きバス停前

 

 

ロープウェー乗り場まではバスで行きます

 

 

近くに駐車場があるのでそこにとめてバスに乗ります

 

 

f:id:marutsu1013:20140923083625j:plain

AM 8:40 ロープウェー乗り場

 

 

このロープウェーにのって頂上付近にある「千畳敷カール」へ向かいます

 

 

千畳敷カールはかなり有名な観光地なので知ってる方も多いと思います

 

 

f:id:marutsu1013:20140923084316j:plain

ロープウェーから眼下に山々が広がります

 

 

そしてほんの10分足らずで

f:id:marutsu1013:20140923084715j:plain

AM 9:00 千畳敷

 

 

あっという間の2612㍍に到着です

 

 

 

ここはもうすでに高所なので

 

 

ここから見る景色はすでに絶景です

 

 

f:id:marutsu1013:20140923084857j:plain

見下ろすと向こうには南アルプス

 

 

そしてさらに美しいのは

 

 

ここから見上げる景色でした

f:id:marutsu1013:20140923085610j:plain

千畳敷カールの紅葉」

 

 

題しちゃいました←

 

 

どうですこの紅葉とド晴天のコントラスト

 

 

もうきれいの一言

 

 

でたりないでs

 

 

はい

 

 

f:id:marutsu1013:20140923085951j:plain

ロープウェーの頂上にある駒ヶ岳神社により

 

 

いざ頂上をめざします

f:id:marutsu1013:20140923090445j:plain

さあ、でっぱつです

 

 

f:id:marutsu1013:20140923090810j:plain

f:id:marutsu1013:20140923090911j:plain

こんな素晴らしい景色の中のぼっていくのは

 

 

なんとも気持ちがいいもんですね

 

f:id:marutsu1013:20140923091047j:plain

後ろを向けば絶景も見渡せて

 

 

これは楽しい登山になりそうです

 

f:id:marutsu1013:20140923091605j:plain

石畳をのぼっていきます

 

 

しばし登山の様子を

f:id:marutsu1013:20140923092626j:plain

f:id:marutsu1013:20140923093614j:plain

登山道は非常に整備されています

 

 

初心者でもハイキング感覚で行けますね

 

 

実際に今回も初参加者を連れています

 

f:id:marutsu1013:20140923093255j:plain

青空に映えるひこうき雲

 

 

f:id:marutsu1013:20140923092348j:plain

振り返るとロープウェーの駅があんなに遠くに

 

 

f:id:marutsu1013:20140923094438j:plain

もう少しで千畳敷カールを登り切ります

 

 

f:id:marutsu1013:20140923093719j:plain

最後は少し急に感じます

 

 

そして

f:id:marutsu1013:20140923100301j:plain

f:id:marutsu1013:20140923100708j:plain

AM 10:00

 

 

千畳敷カールを登り切りました

 

 

ここは木曽駒ヶ岳ではなく

 

 

「乗越浄土」という稜線です

 

 

宝剣山荘・天狗荘がありここから縦走などを楽しめます

 

 

目の前に見えるのは中岳で

 

 

その向こうに木曽駒ヶ岳があります

 

 

f:id:marutsu1013:20140923095117j:plain

ここからの景色からここがすごく高所なのがわかります

 

f:id:marutsu1013:20140923094701j:plain

千畳敷カールに向かって右手に宝剣岳

 

f:id:marutsu1013:20140923094345j:plain

左手には伊那前岳に続く稜線

 

 

それに加えて

f:id:marutsu1013:20140923100757j:plain

この日は雲がかっこよすぎました

 

 

f:id:marutsu1013:20140923101139j:plain

流れるような雲が青空に映えて

幻想的な写真となりました

特にこの雲はお気に入り

 

 

さて

 

 

ふつうなら中岳を通って木曽駒ヶ岳に向かうのですが

 

 

ちょっと登山気分を味わおうということで

 

 

中岳の迂回ルートを選択しました

 

 

f:id:marutsu1013:20140923101754j:plain

中岳の左にルートがあるのでそちらを選択

 

 

f:id:marutsu1013:20140923102450j:plain

ちょっとスリリングなルートですが

 

 

非日常をここで味わえます

f:id:marutsu1013:20140923102813j:plain

f:id:marutsu1013:20140923103057j:plain

f:id:marutsu1013:20140923102031j:plain

こういうルートは危険かもしれませんが

 

 

ゆっくりいけば初心者でも大丈夫です

 

 

迂回ルートをぬけて後ろを振り返ります

f:id:marutsu1013:20140923103313j:plain

真ん中が中岳のルート

右が自分らが選択した迂回ルートです

 

 

さあここまできたらあとは木曽駒ヶ岳登頂です

 

f:id:marutsu1013:20140923102931j:plain

f:id:marutsu1013:20140923103448j:plain

登りもなだらかなのでするする進めます

 

 

さあ

 

 

千畳敷駅からてくてく歩くこと3時間

f:id:marutsu1013:20140923121434j:plain

f:id:marutsu1013:20140923121437j:plain

AM 12:00 木曽駒ヶ岳 山頂

 

 

山頂もなだらかでスペースがあるので

 

 

ゆっくりするにはもってこいです

 

 

f:id:marutsu1013:20140923105025j:plain

これでまた百名山の一つを制覇です

 

 

では山頂から見える景色を 

f:id:marutsu1013:20140923105130j:plain

f:id:marutsu1013:20140923105134j:plain

f:id:marutsu1013:20140923112200j:plain

360°どこをみても絶景です

3枚目の遠くには富士山も見えますよ

 

 

今回は山頂で

 

 

ちょっとした料理もチャレンジ

f:id:marutsu1013:20140923112139j:plain

ポトフを作ってみました

 

 

ジャガイモはすこし硬かったですがそれも愛嬌

 

 

大自然の中では絶品に感じます

 

 

さて、

 

 

たらふく食べたあとは

 

 

乗越浄土へ戻ります

f:id:marutsu1013:20140923121052j:plain

中岳の向こう側に見える宝剣岳へ向かいます

 

 

f:id:marutsu1013:20140923124137j:plain

さあ宝剣岳が近づいてきました

 

 

剣岳のてっぺんは

 

 

実はちょっとしたイベントがありまして

 

 

頂上の出っ張ってる岩にのれるんです

 

 

 

 

よくわかんないですよね

 

 

とりあえずいってみましょう

 

 

f:id:marutsu1013:20140923125557j:plain

ザックは下においてピストンします

 

 

ここからは若干ロッククライミング入ります

f:id:marutsu1013:20140923125258j:plain

f:id:marutsu1013:20140923130014j:plain

f:id:marutsu1013:20140923130141j:plain

結構びびりますよ

 

 

そして宝剣岳の頂上がこちら

f:id:marutsu1013:20140923132045j:plain

そうです

 

 

この頂上の突き立った岩の上に立てるのです

 

 

その広さは人が一人やっと立てるくらい

 

 

なので順番に登ります

 

 

ただ

 

 

高所恐怖症の人はやめたほうがいいです

 

 

f:id:marutsu1013:20140923130442j:plain

こんなんなっちゃいます

 

 

横から見ると

f:id:marutsu1013:20140923132656j:plain

こんな感じ

 

 

みごとたつと

f:id:marutsu1013:20140923131419j:plain

いやっっっつふーーーーーーーー

 

 

ただ足元は

f:id:marutsu1013:20140923132025j:plain

こんなんですけどね

 

 

これはまじでちょっとびびりました

 

 

てか普通に怖かった

 

 

けどたのしかったですね←

 

f:id:marutsu1013:20140923135229j:plain

帰り道に振り返ると同じようにやってる人が見えますね

 

 

さてさて

 

 

今回の登山はこの2山を制覇して終わりを迎えます

 

 

このあとは千畳敷駅に戻って無事に下山しました

 

 

紅葉と快晴が重なってこれ以上ない登山日和でした

 

 

ところで

 

 

気づいた方もいらっしゃる方もいるかと思いますが

 

 

木曽駒ヶ岳からは御嶽山がすごくきれいに見ることができます

 

 

 

そう

 

 

実はこの5日後

 

 

御嶽山は噴火してしまうのです

 

 

このときは思ってもみませんでした

 

 

ただ

 

 

登山というのは大自然を相手にするスポーツなのだと

 

 

それを忘れるなというのを

 

 

改めて教えられたと思います

 

 

だからこそ危険を伴いますが

 

 

得られる達成感、絶景、満足感などの「かんかく」は

 

 

他に代えられないものなんでしょう

 

 

だからみんな山に登るんですね

 

 

「岳」を思い出した瞬間でした

 

 

さて

 

 

ちょっとシリアスでしたが

 

 

最後はかっこよく(?)終わりにしたいと思います

f:id:marutsu1013:20140923114719j:plain

「君が山に来たことを、忘れない」 by 「岳」

 

 

 

*1:wikiedia