かんかくかくめい

ひと、それぞれにとって感覚もひとそれぞれ。

登山16 雲取山 2017.12

f:id:marutsu1013:20180331125522j:image

 

雲取山 標高 2017メートル

 

そうです

2017年は雲取山の標高年でもあります

 

 

今回は雲取山の初登山を

雲取山の標高年の暮れに

山納めとして登って来ました

 

 

なんか記念づくしの登山であります

 

 

では早速いつもの先生に聞いてみます

wikipediaせんせー

 

はーい←

雲取山(くもとりやま・くもとりさん[2])は、東京都・埼玉県・山梨県の境界にある標高2,017.13m[1]の山。

秩父多摩甲斐国立公園の代表的な山の一つで、日本百名山に選ばれている。1都2県にまたがるとともに、東京都の最高峰・最西端の山でもある。山頂には一等三角点が設置されている。見晴らしが良く、周辺の山々のほか富士山・南アルプス関東平野方面なども見ることができる。妙法が岳、白岩山とともに三峰山の三山の一つである。

 

東京の最高峰

響きは最高ですね

 

 

ずっと登りたいとは思ってたのですが

なかなか機会に恵まれなかったので

念願の初登山になります

 

 

雲取山の登山ルートとして大きく分けると2つあります

1つは鴨沢から登るルート

2つ目は三峰神社から登るルート

 

 

今回は三峰神社からの雲取山荘一泊ピストンで登ります

 

 

f:id:marutsu1013:20180331130553j:image

f:id:marutsu1013:20180331130640j:image

AM10:00

三峰神社に車をとめて

三峰神社とは反対側に向かいます

 

 

ちなみに三峰神社は駐車場もかなり広いので

朝早くならとめられないことはないと思います

(ただし月初めの1日は除く)

駐車場料金も普通車なら510円でした(2017.12)

 

 

登山口は三峰神社の奥宮がある妙法ヶ岳の入り口と共通です

 

 

この日は晴天で最高の登山日和になりました

f:id:marutsu1013:20180331132459j:image

最初は森の中をただひたすらに進んで行きます

 

 

妙法ヶ岳を越えるまでは

ゆっくりとした登りです

f:id:marutsu1013:20180331132635j:image

10:20 妙法ヶ岳分岐

前回は妙法ヶ岳がゴールでしたが

今回はそちらの道には行かず、雲取山へ向かいます

 

 

f:id:marutsu1013:20180331132854j:image

11:20 霧藻ヶ峰

途中には周りが開けるポイントがあって

この景色が疲れた身体を癒してくれます

 

 

それにしても補正もしていないのにこの青空

最高ですね

 

 

f:id:marutsu1013:20180331133035j:image

みんな、写真撮るのに夢中です

 

 

f:id:marutsu1013:20180331133120j:image

道中には謎のモニュメントが結構あります

説明は読んでないのでわかりませんが

お偉い方なのでしょう←

 

 

f:id:marutsu1013:20180331134828j:image

11:40 登山ルート案内板

こうした案内図があると今どのくらい進んだかわかるのでいいですよね

 

 

三峰神社からのルートは

細かいアップダウンをひたすら繰り返すので

得意な人と苦手な人にわかれるかもしれません

 

 

ここからは前白岩を目指します

 

f:id:marutsu1013:20180331135405j:image

先ほどまでとあまり変わらない登山道

 

 

前白岩に出る前に

「前白岩の肩」に到着します

f:id:marutsu1013:20180331135534j:image

12:15 前白岩の肩

今回はここでお昼ご飯にしました

 

 

後で思ったことですが

この先の前白岩や白岩山の方が景色がいいのでそちらで食べた方がよかったかもしれません

 

 

ですが、腹が減っては戦はできぬ

 

 

昼飯をパクパクと食らいます

f:id:marutsu1013:20180331135750j:image

f:id:marutsu1013:20180331135813j:image

自分のメインの昼飯はこちら

f:id:marutsu1013:20180331135850j:image

うどん人どんべぇー♪

おっと年がばれますね

 

 

f:id:marutsu1013:20180331140008j:image

ああ、この自然とのミスマッチ、美しきかな

 

 

さて、

昼食を楽しんだ後は前白岩を目指します

 

f:id:marutsu1013:20180331140219j:image

13:30 前白岩山

 

 

ここはまた景色が開けるので嬉しいですね

f:id:marutsu1013:20180331140319j:image

f:id:marutsu1013:20180331140405j:image

雄大な自然の前にカッコつける人たち

 

 

f:id:marutsu1013:20180331143400j:image

使われてない避難小屋もあります

 

 

さてここからの道中は少し変化が見られます

 

 

それは降りてくる人たちがアイゼンを付けてることです

 

 

やはり低山といえどこの季節は軽アイゼンは必須になりそうです

f:id:marutsu1013:20180331143551j:image

f:id:marutsu1013:20180331143652j:image

雪があって凍っているので

アイゼンがあればかなりの安定感が得られます

冬の登山の雰囲気も味わえますしね

 

 

f:id:marutsu1013:20180331143813j:image

14:00 白岩山

ここは展望はありませんが、ちょっとしたベンチやテーブルもあるので

休憩するにはもってこいかもしれません

 

 

この白岩山まできてしまえば

もう雲取山荘は近いです

 

 

白岩山を降り、大ダワから人登りすると

雲取山荘にでます

 

f:id:marutsu1013:20180331144306j:image

f:id:marutsu1013:20180331144333j:image

15:00 雲取山荘 到着

 

 

雪の中にたつ木造の雲取山

雰囲気でますよね

 

 

今日のところは雲取山頂上には行かず

雲取山荘でまったりすることにしました

 

 

ここからは怒涛の雲取山荘見学andまったりタイムです

f:id:marutsu1013:20180331144601j:image

受付

f:id:marutsu1013:20180331144626j:image

f:id:marutsu1013:20180331144646j:image

館内

f:id:marutsu1013:20180331144720j:image

f:id:marutsu1013:20180331144736j:image

モニュメントや標高年の広告

f:id:marutsu1013:20180331144823j:image

これが室内です

そう!おこたがあるのですよ!

お、こ、た、が!!←

 

 

雪山の中の炬燵

もう入ったら抜けられませんね

f:id:marutsu1013:20180331144930j:image

そしてこの時のために持ち寄った酒とツマミたち

たまりません

ちなみにビールや酎ハイは売ってますよ

 

f:id:marutsu1013:20180331145209j:image

f:id:marutsu1013:20180331145306j:image

食堂と夜ご飯

 

 

f:id:marutsu1013:20180331145418j:image

夜になってますますカッコつける人たち

 

 

f:id:marutsu1013:20180331145452j:image

外では東京の夜景と星を眺めることができます

 

 

 楽しいひと時を過ごした翌日早朝

 f:id:marutsu1013:20180409100747j:image

AM6:00

山頂に向かいます

この時期はやはり凍ってしまってるのでアイゼンは必要です

 

山頂までは30分くらいで着きます

 

では、2017年、2017メートルからの朝日を

どうぞ

f:id:marutsu1013:20180409101136j:image

f:id:marutsu1013:20180409101234j:image

f:id:marutsu1013:20180409101301j:image

いやー何度見ても素晴らしいの一言です

朝日って感動しますよね

 

 

富士山との並びも最高でした

f:id:marutsu1013:20180409101431j:image

日の出と富士山

なんて、贅沢な組み合わせ

 

 

いかがでしたでしょうか

東京都と言えど、やはり山はいいものです

 

 

 

そして2017年に登ることができて良かったとおもいます

 

 

雲取山荘も綺麗ですし、炬燵があるのでワイワイ登るのもいいなぁと思った登山でした

 

 

 

では、また次の山に行きましょう

ありがとう、2017年! 

f:id:marutsu1013:20180409101600j:image